タップしてすぐにお電話

メールでお問い合わせ

予防歯科

予防の重要性

虫歯と歯周病の原因は細菌の塊である歯垢です。そのため、ただ虫歯を削る・つめる・かぶせる治療や歯周病の手術をしただけでは病気を治したことにはなりません。こうした治療は対症治療(一時しのぎの治療)でしかないのです。

歯を一日に何回も磨けば虫歯にならないのでしょうか?そんなことはありませんよね。事実何回歯を磨いても虫歯になる人はなります。また、セルフケアだけでは限界があります。私たちプロが磨き残しや予防に役立つアドバイスや処置を行うことによって、かなり高い確率で予防できます。

予防するためには、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を作ることが重要です。患者様一人一人にあったオーダーメードの予防を行い、原因の除去、歯質の強化およびクリーニングによって健康なお口を、ご自身の歯を生涯にわたり継続して守っていきましょう。

予防の重要性

予防歯科の種類

クリーニング

現状の状態から、まずは付着している歯垢や歯石を見える範囲ですべて取り、歯肉の炎症や腫れをおさめます。きれいになった状態を実感していただき、この状態を目標にご自身の歯磨きを見直してもらいます。

ディプラーキング

ポケットや歯の表面、歯の間に残っているプラークを機械的に除去します。
痛みなく、歯ブラシやガーゼ、洗浄液を使用しお口の中の洗ったり磨いたりぬぐい去る行為を指します。

当院ではこのディプラーキングを毎回の処置として行っていきます。このケアにより通常の磨き残しや炎症の強い部位を清掃できます。

PMTC

PMTC

歯科衛生士による専用器具を用いた機械的清掃を指します。

歯磨きでは取りきれないプラークや着色を除去します。

簡単に言うと、電動歯ブラシの親玉で歯を磨くことです。ただこの PMTC により着色や初期虫歯を改善することができ、また歯質を強化することができます。

エアフロー

超微粒子のパウダーを吹き付けて歯の表面をきれいにする方法です。歯の表面に形成されるバイオフィルムを除去し治療効果を高めます。また頑固な着色なども除去することができます。通常自費診療ですが、当院ではサービスで行っております。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素が作用すると、フルオロアパタイトとなり歯質が強化されます。虫歯になりにくい歯を作るためには大事な処置です。

シーラント(予防充填)

子どもの虫歯予防および、虫歯になりやすい患者様の予防として有用です。
具体的には虫歯になりやすい歯の深い溝や初期虫歯の表面を埋めてあげることにより予防していきます。歯を削ることはありません。

予防歯科は歯科医院だけ、患者様だけでは成り立たない行為です。患者様のセルフケアに歯科医院のプロケアがお手伝いし、健康な状態を生涯保つことが私たちの理想の状態です。

簡単なご自宅でのセルフケア

①虫歯菌を増やさない

☆フッ素入り歯磨きを使う

フッ素は虫歯菌の働きを抑制し、歯の表面を強化します。

☆キシリトール入りのガムを噛む

キシリトールは虫歯菌が分解できない糖のため虫歯菌を減らすことができます。

②飲食回数を減らす

飲食回数が多いとそれだけ虫歯になるリスクが高くなります。

③よく噛んで唾液の量を増やす。

唾液に含まれる成分が再石灰化を助けます。また、唾液による洗浄作用も期待できます。